小児眼科外来

小児眼科が独立して併設されている施設はあまりありません。
しかし、小児科と内科がまったく別の科であるように、
小児眼科と眼科についても、全く別の科といっても過言ではありません。

その理由は、小児は視覚の発達途上にある(=視覚の感受性期間)ために、成人とは異なる要素を持っているからです。この時期に何らかの要因により正常の視覚発達が阻害されると弱視になったり、立体的に物を見る機能が弱くなったりします。小児時期は本来の疾患の治療のみならず、視覚発達を妨げないようにすること、また、すでに視覚の発達障害が生じているなら、感受性期間の間に、適切な治療や訓練を行うことで、正常の発達に復帰させるようにすることが必要なのです。

小児では心身の発達も十分ではないため、成人に行う通常の検査法では対応できないケースが多くあります。当院では、乳幼児用の検査道具を最低限揃えており、知識をもった視能訓練士による検査や訓練も実施しております。正確な検査を行い、適切な時期に、適切な治療を行うことを念頭におき、診療にあたっておりますので、安心して来院下さい。当院で治療ができない部分(手術等)については、適切な時期に専門の医療施設への紹介もさせて頂いております。

保育園や学校での健診、3歳児健診等で異常がみられた小児の精密検査も
実施しておりますので、気軽にご相談ください。

小児眼科領域の疾患

斜視、弱視、内反症、先天性鼻涙管閉塞、先天性緑内障、先天性白内障、未熟児網膜症、先天性眼瞼下垂、先天眼振、心因性視覚障害など

  • 斜視・弱視外来
  • 心療眼科外来

初めてご来院の方 ご来院から診察の流れまで

月別診察担当医カレンダー

PAGE TOP